万全な情報管理を目指し(プライバシーマーク付与認定)

弊社は、従来から健診、検査等の情報を取り扱う重要性を認識し、個人情報を安全で適正に保護することが社会的責任と捉え、自ら保有する個人情報の保護体制を整備し、個人情報の取り扱いについて万全を期してまいりました。

平成17年4月に個人情報保護法が完全施行されたことに伴い、ますます個人情報保護の重要性が増すなか、取り扱いが適正かどうかについて、独自の判断ではなく、第三者機関が審査認定する国内唯一の制度であるプライバシーマークを取得することにより、証明することとしました。

認定を受けるため各種規定の策定や社員教育、内部監査の実施のほか、日常業務におきましても日々努力を重ねてまいりました。

その結果、平成18年3月28日に(財)医療情報システム開発センターの審査に合格し、4月10日にプライバシーマーク使用の許諾証が交付され、正式に個人情報保護の適切な管理体制の確立と充実が図られました。

今後ともプライバシーマーク制度を遵守して、より一層皆様から信頼される情報処理機関を目指して、社員一丸となって努力してまいります。